よくあるファッションの間違い-シャツの下にTシャツを重ね着すること

私がクラブに通うようになってずいぶん経ちますが、よくある男性のファッションの間違いは、シャツの下に、Tシャツとか、他の襟付きのシャツを重ね着することです。

最初は、冬が寒い都市にしか存在しない流行だと思っていました。でも、うだるように暑いトロントの夏でも、そういう着こなしをしている人を見て、これは温度の問題ではないと確信しました。きっと、これは、 多くの男性がうっかりやらかしてしまう間違いなのでしょう。

なので、ここで注意を喚起したいと思います。

下の二つの写真を見比べて、違いに気がつきますか?

もし、Tシャツを下に着ている方がかっこいいと思うなら、私の言葉を信じて、Tシャツを下に着るのはやめてください。

 

あなたのファッションが発するメッセージ

ファッションの失敗は、いろいろなことを教えてくれます。まず最初にわかるのは、あなたがクラブに馴染んでいないっていうこと。もしかしたら初心者か、もしくは、IT関係の技術屋-オタク-でしょうか。これは、私自身が、コンピューター関係のバックグラウンドを持っているので、Tシャツを他のシャツ(最悪なのは、会社のカンファレンスなどの時のロゴ入りTシャツ)を他のシャツの下に来ているのを見ると、そういったIT関係のキュービクルやTPSレポートを想起させるからかもしれませんが。

オタクであることには、何の問題もありません。ただ、最初にあなたが与えるイメージが、オタクに対する固定観念ではない方が好ましいというだけです。女性は、あなたの仕事の最適化コンパイラの話より、仕事以外の わくわくするような話題を求めています。もてる男性、クラブの常連、男性モデルを見れば、彼らが、服装に関しても会話に関しても、これらの二つの間違いを犯していないことに気がつくはずです。 

シャツを2枚重ねにするということは、無意識のうちに、あなたが自分の体に自信を持っておらず、隠したがっているということを、相手に伝えているようなものです。ダンスを嫌うのも、同じことが言えます。

また、少し胸を見せるのは、セクシーです。変わったネックレス(バンダナなどはやめましょう)などは、他の人の気を引きます。私は、旅先で買ったものを身につけることがよくあります。そうすると、会話のきっかけになりやすいです。

以前は隠していた胸を露出する心の準備をしましょう。女性は、きっと気がつきます。

体臭と汗について

もし、体臭と汗を気にしているのであれば、Tシャツ、特に綿100%のものを下に着ることは意味がありません。 むしろ、問題を悪化させます。残念なことに、香水やコロンのつけすぎも、事態を最悪へと導くだけです。

私は、ポリエステルや速乾性のある素材で出来たシャツを着用することをおすすめします。こういった素材で作られているものは上着が多いので、おしゃれでフィットするシャツを見つけるのは、ちょっと大変かもしれません。でも、私は、レトロでかっこいいポロシャツをいくつか、 Mountain Equipment Co-op で見つけました。もし、重ね着せずにTシャツだけを着用したい場合、もっといろいろなオプションがあります(行き過ぎた格闘技系のTシャツはやめましょう)。スケートボード、スノーボード、サーフィンやロッククライミング系のスポーツメーカーは、シャツなども作っています。ぱっと思いつく限りでは、Burton(バートン)、 Quiksilver(クイックシルバー)、 Blurr(ブラー)などです。ヴィンテージを扱っている店でも、ポリエステル製の年代物のシャツを扱っていたりします。

あと、体毛の手入れをしてみましょう。

ただ、もし汗が問題なら、こうしてみてください。着替えのシャツを一枚クラブに持って行って、コートチェックに預けておくんです。そして、汗をかいたら、コートチェックでシャツを交換して、着替えてください。必要なら、汗を拭くための小さなタオルも預けておきましょう。

もし、あなたがシャツのボタンを全部外したり、一つか二つしかボタンをかけないつもりなら、これは例外として、シャツの下にもう一枚シャツを着てかまいません。ただ、ダンスをするつもりなら、重ね着しないのが一番ですが。